イベントスケジュール

714日(土)

デフ・パペットシアター・ひとみ「河の童」

この作品は「共に生きる」がテーマの人形芝居。作家火野葦平が書き溜めた「河童曼陀羅」をベースにした河童と人間の物語。
デフ・パペットシアター・ひとみが37年間「聴こえない・聴こえる」という違いを超えて活動を続けてきたことが、現代において『共生』という真の意味を考えるきっかけとなるよう作られた作品。
脚本・演出を手掛けたのは、当館の演劇ワークショップで講師をお願いしている、脚本家・演出家の立山ひろみ氏。様々な劇団の演出や脚本を手掛けながら、現在は宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクター。立山氏は表現の一部でしかないコトバの“不自由さ”から、身体表現、音楽、映像などの要素を同様に位置付けるといった、新たな表現に挑戦してきた新進気鋭の演出家。
舞台美術も同じく当館演劇ワークショップの講師の大島広子氏。この作品の舞台美術も大島氏の感性を遺憾なく発揮したものとなっている、おおいに期待のできる作品である。

【あらすじ】
村はずれの井戸には河童が住んでいました。
河童はコイやフナ、カニやカエル、ゲンゴロウとぷかぷか泳いだり、子どもたちと相撲をとったり、のんびりした毎日を過ごしています。
そんな河童とある少女の出会い。河童の周りには、子どもたちの笑顔が溢れ、いつまでもそんな時間が続くと思っていたのに。
村に干ばつが続いた年、村人たちはそれを河童のせいにします。
河童は井戸の底で考え、人間たちの行動が分からない河童は、身体中をかきむしりながら、一体どうしてこんなことが起こるのだろうと考える。

―――

ワークショップ開催!
「みんなでカッパになってみよう」


~からだをつかってカッパを表現しよう~

6月30日(土)10時〜12時
みどりアートパーク ギャラリー
対 象:3歳程度のお子様から~大人まで
参加費:一人300円
みどりアートパークへお電話または窓口で直接お申込みください。

日時
13:30開場
14:00開演
場所
ホール
出演
デフ・パペットシアター・ひとみ
チケット
5月11日(金)チケット発売!

全席自由
一般2,000円
高校生以下1,000円


※車いす席をご利用の場合は事前にご相談ください。

【販売場所】
・みどりアートパーク受付窓口(9:00~21:00)

・電話予約 ℡045-986-2442(9:00~21:00)

・インターネット(PC・スマートフォン)
※70歳以上・障がい者割引、ペアチケットのお取り扱いはございません。

・ファミポート(ファミリーマート内設置端末)
※座席選択は出来ません。


☆座席選択・クレジットカード支払いも選べるインターネット販売に加え、お近くのファミリーマート店舗で、直接チケットの購入が出来るようになりました。
インターネットがご利用いただけなくても、24時間お好きな時間にチケットの購入が可能です。
イベント追記
チラシ
チラシ裏面